不動産売却の買取と仲介ってどう違うの?不動産売却の買取と仲介ってどう違うの?

不動産の売却をお考えのお客様からよくいただくご質問をQ&Aとしてまとめました。
疑問点・不明点などがある場合はご参考としてください。

  • Q1.買取と仲介の違いを教えてください。

    まずは売り方が違います。「買取」は不動産業者が売却相手で、「仲介」は不動産業者が「購入希望者」を探して紹介する方法です。
    「仲介」の場合、相談を受けてから購入希望者を探す準備を始めるため、売却までに3ヵ月~6か月ほど時間がかかります。場合によっては、売却完了までに1年以上期間がかかってしまうこともあります。売却が決まるまで、購入希望者の内覧案内や物件を綺麗に見せる清掃などにも時間をかける必要があります。
    「買取」は不動産業者に直接売却するため、売却のスピードが圧倒的に早く、最短で1週間ほどで完了します。煩わしい、案内や清掃なども一切必要ありません。

    不動産売却の概要

    • 仲介 【仲介】は、不動産業者に依頼して「買いたい人」を見つけてもらうことを言います。
    • 買取 【買取】は、不動産業者が買主となります。不動産業者は仕入れた物件を、そのまま、あるいはリフォームをするなどして転売します。
  • Q2.買取にした方が良い場合を教えてください。

    以下のようなお客様は買取りをお勧めいたします。

    • ・親御さんとのご同居に向けて、家を売って物件購入資金に充てたい
    • ・異動で地方転勤が決まったため、引越しする前に早く今の家を売りたい
    • ・離婚が決まり、財産分与のためにすぐに現金化したい
    • ・築15年以上の築古物件のため、仲介でもなかなか買い手が見つからない
    • ・相続を受けたが、相続税や固定資産税が払えそうにないため、手放したい
    • ・仕事で時間がないため、内覧の案内や清掃に時間をかけている余裕が無い

    以上のように、早く現金化したい、手間と時間をかけたくない、仲介でもなかなか売れない、などのお悩みをお持ちの方は買取りをお勧めいたします。一方で、時間も十分にあり、手間暇を惜しまないから少しでも高く売りたいという方は仲介をお勧めいたします。

  • Q3.売却後に必要なアフターフォローを教えてください。

    仲介の場合、売却主も把握していない隠れた瑕疵(欠陥、故障)などがあった場合には、 一般的に2~3か月以内は、売主様の負担となる場合もあります。クリーンライフでは、お客様から不動産を売却頂いた後、面倒なアフターフォローや、保証・瑕疵担保責任を全て引き受けております。もし、建物に破損・故障などがみつかったとしても、お客様から修復費用を頂くことはありません。

  • Q4.初めて買取業者にお願いするため、
    どのような手続きを踏むのか詳しく教えてください。

    買取と仲介の流れの違い

    通常の仲介による不動産売却 クリーンライフでの買取
不動産の買取相談はこちら不動産の買取相談はこちら
お電話でのご相談は03-3964-5583(受付時間/9:00~21:00)お電話でのご相談は03-3964-5583(受付時間/9:00~21:00)
不動産の買取査定相談
今すぐメールで相談する(無料)
無料で査定依頼